1. TOP
  2. auひかり
  3. auひかりはソネット公式から申し込むと損!?キャッシュバックを多くもらえる窓口はどこ?

auひかりはソネット公式から申し込むと損!?キャッシュバックを多くもらえる窓口はどこ?

 2018/02/10 auひかり
この記事は約 13 分で読めます。 3,168 Views
ざっくりとした結論
個性はあるがお得ではない
HPの金額は ”工事費抜き” の金額
他のサイトが ”工事費込み” の金額で出している中、
ちょっと見せ方が悪いなという印象…

 

ソネット(So-net)は日本の大手家電メーカーであるソニー株式会社のグループ企業の一つです。正式な会社名はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社です。

 

ソネットと言えば、プロバイダーとしての評判が高く、OCN・Yaoo!BBに次ぐシェア3位の規模の大手プロバイダーです。フレッツ光・auひかり・ドコモ光などの光回線のプロバイダーとして利用できます。

 

プロバイダー事業以外にも、光回線とプロバイダーを一つにまとめたSo-net光やNURO光も評判が高いサービスです。

 

ソネットでauひかりを申し込むと、当然プロバイダーはソネットになります。ただ、特典の適用条件や表示金額が多少わかりづらいところもあるので、思ったより貰える金額が少ないと思ってしまう場合もあります。

 

ネット上での評判は賛否両論ですが、特にauひかりでソネットを使っている人の評判は良いほうです。auひかりはプロバイダーにどこを選んでも通信品質が変わらないので、ソネットの評判というよりはauひかり自体の評判が関係してきますが、ツイッターでの評判を一部紹介します。

 

 

 

 

 

ツイッターで評判を調べると、通信品質に関しては高評判です。auひかり自体が速度の速い回線なのでうなずけます。それと、ソネットはキャッシュバックが多いという評判も多いです。

 

ただ、サポート対応の評判はいまいちです。でも実際、プロバイダーのサポート対応なんてどこでも似たようなものなので、そこまで期待しないほうが良いでしょう。逆に評判が良いのは、回線事業者のほうなので、auひかり側のサポートはわりかし高評判です。

 

ソネットの評判をネットで検索すると、速度が遅いという悪い評判も目立ちますが、それはフレッツ光のプロバイダーとして使った場合の意見のケースが多いです。auひかりのソネットとフレッツ光のソネットは通信方式が違います。auひかりはプロバイダーに依存しない通信方式なので、ソネットだから遅いというのはあり得ない話です。そのため、純粋にauひかりのソネットに関する評判であれば高いです。

 

 

ソネットのauひかりの最新キャンペーン

ソネットキャンペーンサイトでは、最大75,000円と大きく書いていますが、実際に貰える金額は45,000円です。残りの30,000円はauひかりスタートサポートの最大還元額のことです。

 

auひかりスタートサポートは他社違約金を還元するサービスです。他社違約金の相場がだいたい1万円前後なので、3万円も利用するケースはめずらしいでしょう。

 

So-netキャッシュバック 45,000円
auひかりスタートサポート 30,000円
合計 最大75,000円

 

それと、ソネットでは毎月の基本料金から割引をしてくれます。「キャッシュバック+月額割引」がソネット提供の特典です。

 

割引の特典は以下のようになりますが、プランによってトータルの割引額が異なります。

 

 

戸建てずっとギガ得プラン

1~11ヶ月目 -2,120円
12~23ヶ月目 -750円
24~30ヶ月目 -750円
合計 -37,570円(工事費相当額)

 

 

戸建てギガ得プラン

1~30ヶ月目 -750円
合計 -22,500円

 

 

マンション

1~24ヶ月目 -1,250円
合計 -30,000円(工事費相当額)

 

上記の割引は一見お得に見えますが、実は、ソネットから申し込んだ場合、KDDI公式の初期費用相当額割引の特典が使えません。その代わりに上記の割引があるようなものです。初期費用相当額割引は工事費が毎月の割引で実質無料になる特典で、プランに限らず工事費分は割り引かれます。

 

しかしソネットの場合は、戸建てずっとギガ得かマンションであれば、戸建て工事費37,500円、マンション工事費30,000円相当分の割引で工事費実質無料と同じですが、ギガ得を選択した場合は22,500円の割引しか受けられず、工事費37,500円に届きません。差額15,000円は自腹です。

 

それを考えると、KDDI公式の初期費用相当額割引が適用できる申し込み先から申し込んだほうがお得になる可能性が高いです。

 

「キャッシュバック+割引」のキャンペーンではなく、「大幅割引」のキャンペーンを選択することもできます。その場合はキャッシュバックがありません。どちらがお得かというと、まだ「キャッシュバック+割引」のほうがお得です。

 

それと、以上のソネット提供キャンペーン以外に、KDDI主催キャンペーンの一部も利用できます。ソネットキャンペーンと併用できるKDDI公式キャンペーンには以下のものがあります。

 

 

auひかり公式キャンペーン

ソネット公式から申し込めるauひかり公式キャンペーンを紹介します。

 

auひかりスタートサポート

フレッツ光・ADSLなど他社の固定回線、または、モバイルデータ通信からの乗り換え時に適用できる特典です。他社回線解約時に発生する解約違約金を最大3万円まで還元します。

 

【適用条件】

  • auひかりホームの場合「ずっとギガ得」に加入。auひかりマンションの場合「標準プラン」「お得プランA」どちらでも可。「電話」と「電話オプションパック」の契約が必要。
  • auひかりホームは36ヶ月以上、auひかりマンションは24ヶ月以上の継続利用を約束する。

 

 

その他のキャンペーン

  • auひかりホームのみauひかり電話500円→30ヶ月無料
  • テレビサービス(プラチナセレクトパック)2ヶ月無料
  • ホームゲートウェイ内蔵無線LAN機能がスマートバリュー加入で永年500円割引
  • かけつけ訪問設定サポート初回基本設定割引6800円→2,000円

 

 

ソネットの特徴

「キャッシュバックの条件に有料オプションがついているか?」

ソネットでは特にキャッシュバックに有料オプションの条件はありません。他社の代理店の場合、数個の有料オプション加入が条件になるケースが多いのですが、それが無い分優良な申し込み先と言えます。

 

「キャッシュバック申請手続きが必要か?(貰い損ねるリスクがあるか)」

ソネットのキャンペーンは「ソネットde受取サービス」というシステムを利用して行います。この手続きが完了しないと貰えません。

auひかりの申し込みから9ヶ月間後の月末次点でauひかりの利用確認ができた方へ、申し込みの11ヵ月後の15日にソネットからメールが届きます。メールの内容に沿って手続きを行なう必要があります。

 

メールは、ソネットのメールアドレス宛に来るので、メールの設定を必ずしておく必要があります。それと、「受取手続きご案内メール」送信より45日以内に手続きしない場合は無効になります。

申し込みから11ヶ月後なんて忘れてしまう可能性が高いでしょう。しかも、普段からソネットのメールアドレスを利用していないとなおさら忘れてしまいます。

 

シティバンク銀行、大和ネクスト銀行、新銀行東京、SBJ銀行、信金中央金庫は受け取り口座に指定できませんので、別の銀行口座を用意しておきましょう。それと、ソネットのメールアドレスを変更するとメールが届かないので注意してください。メールの再発行はされません。ソネットのメールアドレスから、普段良く使うメールへ転送の設定をしておくと便利です。

 

「いつ受け取れるか?」

ソネットde受取サービスの手続きをしてしまえば、土日をはさまなければ翌日に振込みされます。しかし、手続き開始までが長いのです。申し込みから11ヶ月後なので、開通から約1年間もキャッシュバックは受け取れないことになります。

 

以上、ソネットのキャッシュバックの特徴ですが、とにかく手続きが面倒なのであまりおすすめしません。高確率で貰い忘れる場合が多いでしょう。しかし、ソネット自体は評判の良い信頼できる会社なので、きちんと手続きをすれば必ず貰えます。

 

 

優良代理店との比較

auひかりの代理店としての評判が良いのは、「NNコミュニケーションズ」と「ネクスト」です。評判が高いのにはそれなりに理由があり、①必ず貰える②すぐ貰える③オプション加入不要④初期費用相当額割引が使えるなどのポイントが挙げられます。

 

NNコミュニケーションズ

顧客満足度が高く、一番評判のいい代理店です。プロバイダーがソネットかビッグローブかを選べばキャッシュバック満額貰えます。ただし、ホームは「ずっとギガ得」、マンションは「お得プランA」を選択して満額です。不要なオプション加入条件が一切ありません。最短1ヶ月で振り込まれます。

 

ネットのみ申し込むと43,000円、ネットと電話も申し込むと50,000円貰えます。50,000円貰う場合、ソネットの45,000円よりもお得です。

 

申し込み形態 キャッシュバック額
ネットのみ 43,000円
ネット+電話 50,000円

 

KDDI公式キャンペーンも適用になります。最大3万円還元のスタートサポートや、工事費が実質無料になる初期費用相当額割引も適用されます。

 

初期費用相当額割引は、ホームの場合「ネット+電話」の申し込みが必要、マンションの場合はネットのみでも適用されます。ホームが1,250円×30ヶ月で37,500円割引、マンションが1,250円×24ヶ月割引で30,000円割引です。

 

ネクスト

ネクストもNNコミュニケーションとほぼ同じキャンペーン内容です。ネットのみだと43,000円、ネット+電話だと50,000円のキャッシュバックが貰えます。満額貰うには、プロバイダーはソネット、ビッグローブ、@ニフティのどれかを選択します。ホームは「ずっとギガ得」、マンションは「お得プランA」にします。不要なオプション加入条件なし、最短1ヶ月で振込みされます。

 

申し込み形態 キャッシュバック額
ネットのみ 43,000円
ネット+電話 50,000円

 

スタートサポートや初期費用相当額割引も利用できます。

 

それと、NNコミュニケーションズとネクストどちらも共通で、地域限定の割引サービスが利用できます。毎月1,200円割引×12ヶ月です。首都圏/関東地域がグッドスタートキャンペーン、その他の地域がウィンターボーナスキャンペーンです。

 

名称 グッドスタートキャンペーン
申込期間 2017年12月15日~2018年4月1日
対象コース ホームずっとギガ得プラン
対象エリア 東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、山梨、栃木、群馬、新潟
対象プロバイダー BIGLOBE、So-net、@nifty、au one net、@TCOM
特典内容 開通月から12か月間1,200円割引

 

NNコミュニケーションズとネクストは内容がほとんど同じなので、どちらから申し込んでもいいですが、NNコミュニケーションズだとプロバイダーにBIGLOBEとSo-netのどちらかを選べばキャッシュバックが満額貰えるのに対し、ネクストはBIGLOBEとSo-netと@niftyの3つの選択肢があるという違いが有ります。それと、ネクストの場合、貰える金額を5,000円だけ減らして変わりにWi-Fiルーターを貰うこともできます。

 

なので、選択肢が広いという点ではネクストのほうが優れています。ただし、評判がいいのはNNコミュニケーションズのほうです。ネクストはKDDIより2期連続表彰されているので優良な代理店ですが、NNコミュニケーションズは5期連続表彰されています。信頼と実績があるNNコミュニケーションズのほうが評判は高いです。

 

 

申し込み手順~開通までの流れ

評判の良いNNコミュニケーションズとネクストからの申し込みから開通の流れを説明します。

 

代理店サイトでWebフォームにお客様情報を入力

代理店から確認の電話が来るので振込み口座を伝える

KDDIから工事日調整の電話が来る、オプション工事希望時はこのときに申告する

工事2日前までに、宅内機器が配送される

工事に立ち会う

工事後利用可能

 

申し込みから開通までの期間は、戸建てが1~2ヶ月、マンションが約2週間です。

他社回線からの乗り換えの場合は、auひかり開通後、乗り換え前の回線の解約を忘れずにしましょう。

 

電話番号をauひかりへ引き継ぎたい場合は、現在の光電話番号を一度アナログ電話へ戻してから、番号ポータビリティの手続きをすることにより引き継げます。ただし、光電話にしたときに初めて取得した電話番号はアナログ電話に戻せないので番号ポータビリティは不可能です。

 

 

結論

光回線の中でもauひかりはかなり評判の高い回線です。申し込み先を選ぶ際も、評判の高い代理店から申し込みましょう。

ソネット公式の申し込み先の評判は悪くないですが、代理店のNNコミュニケーションズやネクストと比較するとあまりお得ではありません。

 

なにより、手続きがとても面倒で、キャッシュバックを貰えるまで1年近くかかります。それに対し、NNコミュニケーションズやネクストは最短1ヶ月で振り込まれます。

auひかりを申し込む際は、ユーザーの評判が高く、KDDIからも表彰されていて信頼できる代理店のNNコミュニケーションズかネクストをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

あうトク | auひかりキャンペーンとキャッシュバックの比較の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あうトク | auひかりキャンペーンとキャッシュバックの比較の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin-au-matome

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2018年】戸建て、アパート、一人暮らしおすすめのネット回線はココだ!

  • 【初心者確認必須】auひかりの5つの疑問を速攻解決!

  • 騙されないで!au光に乗り換えてキャッシュバックが必ずもらえるところはココだ!

  • 4つのポイントを押さえてauひかり料金が丸わかり!

関連記事

  • 【一目瞭然!】auひかりの料金プランを分かりやすく解説!他社回線との比較も!

  • ヤマダ電機でauひかりを申し込むのはもったいない!高額キャッシュバックをゲットする方法

  • 【トータルコストはいくら?】auひかりの料金を徹底解説!一番お得な申し込み方法もわかる

  • キャッシュバックお得じゃない?auひかりで評判のアウンカンパニー

  • auひかりの申込|後悔しない為に知っておきたい7大ポイント

  • auスマートバリューとは?割引金額から、適用条件、お得な申し込み方などが全てわかります!